www.bananariverwindsurfing.com

-

-

前置きとして、個人が破産を申請するまでの時間は負債のある当事者に直接の電話によった借金回収と負債者その人の家宅への訪問での集金は法律無視でないと考えられています。さらに、破産申請の作業に進んでから申し込みまでに無駄な手数がかかった場合では債権人は無理な返済要求を行ってくる危険性が増えます。債権者側としては負債の支払いもされないで、さらに自己破産のような対応もされないといった状態だと企業の中で終了処理をやることが不可能だからです。その上、債権保持人の一部には法律家に連絡していないと気づいたなら、非常に強硬な集金行動をしてくる企業も出てきています。司法書士の方もしくは弁護士事務所に頼んだ場合、一人ひとりの債権保有者は債務者に関する取り立てをすることが許されません。要請を受諾した司法書士の人や弁護士事務所は業務を受けたという意味の手紙を各債権者に送付することとなり各取り立て業者がその書類を開封したならば取り立て業者による過激な返済請求から免れるのです。ところで、勤務先や親の家へ訪問しての取り立ては法律のガイドラインによって許されていません。貸金業で登録している企業であれば会社や故郷へ訪れる集金は貸金に関する法律に違反しているのを理解しているので、言えばそういう類の返済要求をし続けることはないでしょう。破産の手続き後は申請者に向けての取り立てを含めてすべての返済請求行為は禁止になります。だから、業者からの返済要求行動はさっぱりと消えることになります。しかしながら、違反と知っていて連絡してくる取り立て企業も存在しないとは思えません。金貸しとして登録されている企業ならば破産の申し立ての後の返済要求が貸金に関する法律のルールに違反しているのを認知しているので、違反だと言ってしまえば、法外な返済請求をし続けることはないでしょう。ただ闇金融と言われている未登録の会社に限っては常識外で、法律無視の収金が原因の事件が増加し続けているのが現状です。ブラック金融が取り立て業者の中にいる可能性がある場合には絶対に弁護士の会か司法書士の人などの専門家に頼むようにするといいです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bananariverwindsurfing.com All Rights Reserved.