www.bananariverwindsurfing.com

-

-

破産申告で持っているローンに関しほかに保証人を立てているときには、きちんと話しておいた方が良いです。ここにおいて、強調しておきますが債務に保証人を立てているときは、自己破産手続き前に検討する必要があります。なぜならば自分が自己破産をして免責がおりると、その人たちがその借り入れを全部かぶる必要があるからです。ですから、破産の前に保証人となる人に、それらの詳細とか今の状態を報告し、お詫びをしておかなければいけないでしょう。保証人となる人からすると当然必要なことです。自己破産をすることにより、自動的に数百万ものローンがふりかかることになるのですから。それからの保証する立場の人の考慮する手順は4つあります。まず保証人となる人が「みな返済する」ことです。あなたの保証人がいきなり数百万もの金額を問題なく支払うことができるお金を用意していれば、この方法を取ることが可能です。でもその場合、自分は破産申告せず保証人自身に立て替えてもらい自分は保証人である人に定額返済していくという選択肢もあるのではないでしょうか。保証人がもし借金をした人と良い関係にある場合などは、ある程度完済期間を猶予してもらうことも可能かもしれません。たとえいっしょに返済不可能な場合でも、金融業者も分割での返済に応じるものです。その保証人にも債務整理をされてしまうと、お金がまったく弁済されない可能性があるからです。保証人がそのカネを代わって払う財産がない場合は借金しているあなたと同じように何らかの方法による借金の整理を選ばなくてはなりません。続いては「任意整理」です。この場合貸した側と相談する方法によって、だいたい5年ほどの年月で返済する方法になります。弁護士などに依頼する場合の費用の相場は1社ごとに4万円。もし7社からローンがあったならだいたい28万円必要になります。また債権者との話し合いは自分でやってしまうこともできないことはないかもしれませんが、法的な経験も知識もない人の場合債権者が自分たちに有利な内容を投げてくるので、注意しなければなりません。それに、任意整理になるとしても借金を立て替えてもらうことを意味するのですからあなたも時間がかかるとしても保証人に支払っていく必要があるでしょう。続いて3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人と同じく「破産申告する」という選択肢です。債権者と同様に自己破産をすれば、あなたの保証人の負債も帳消しになります。ただ、住宅等の不動産を登記しているならば個人財産を取り上げられますし、資格制限がある業界にいるのであれば影響を受けてしまいます。そのような場合、次の個人再生を活用するといいでしょう。一番最後の4つめの選択肢は、「個人再生という制度を利用する」こともできます。不動産を処分せず債務の整理をしていく場合や破産申告では資格制限がある業務についている方に有効なのが個人再生制度による整理です。この方法の場合自分の家は手元に残りますし、自己破産のような、資格制限等は何もかかりません。

Copyright © 2000 www.bananariverwindsurfing.com All Rights Reserved.