勝率5割ということは

-

-

外国為替証拠金取引の経験の浅い方が市場の勘所を探すためには実戦を積み上げていく事が大切です。

特に、未然にリスクを回避できるようになるためには、失敗を積み重ねることも経験のひとつです。

もちろん、負けたといっても立ち上がれなくなるほど大きな間違いをする事は論外です。

取り戻せるぐらいの間違いを数回重ねる事が結果として自分自身の経験を増やしてくれる。

これを考えると、最初は少ない額で取引を行い、ここで何回か小さめの損をすることを推奨します。

仮に、100万円しか投資資金がない状態ではじめから全て投資して売買すると負けた時、永遠に元に戻せない可能性があります。

そうであるならば、仮に資金の10%ずつ売買してそれでエントリーを積んだ方が段々と間違いを埋め合わせる技術なども覚えるはずです。

まずはじめに少額資金で投資することの有益なところは先ほど書いたように、自身の経験値を増やし、損を制御する術を身につけることにあるが、合わせて、売買の回数を重ねる事で危険を減らす事ができるというメリットもあります。

一例として、1度だけのエントリーで儲けられる確率が5割だとしよう。

ということは、同じだけマイナスになる危険性もあります。

勝率5割ということは。

半分半分の割合で利益が上げられる事を意味している。

ところが、全財産を使って1回こっきりの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになります。

それではたんに1度の賭け事と同じです。

要するに、全財産を投資して1回こっきりのエントリーしないと、これでは損が生じる割合が高まってしまうのである。

だからこそ、資金を全部投じるのではなく少しずつ分けて、機会を増やす事がリスク分散となります。

ただし何度かに分けたとしても全ての注文で勝つ事は大切ではありません。

正確に言うと、勝利する事が出来ないのが現実だ。

売買で大切なのは勝利回数ではなく、どのくらい稼ぐかです。

勝ち負けが同じでも、或いは勝率が低くても儲かる時は儲かります。

負ける確率が高くてもマイナスが少額ならば少ない勝ちの利益で相当儲ける事が出来ます。

それには、損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。

損失が生じたらすぐさまロスカットして反対にプラスになる状況では可能な限り大きく利益を上げることが、FX投資をはじめたばかりの方が為替で儲ける秘訣です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bananariverwindsurfing.com All Rights Reserved.